2018年01月05日

喘息の定期受診 安定二か月目!

明けましておめでとうございます。
我が家の子どもたち、年末年始のかかりつけ医お休み中に体調を崩さないかヒヤヒヤしていましたが、どうにかこうにか無事に過ごすことができました。

今日から診療開始の診療所が多いと思います。
混雑するかもと思って定期受診はもっと先を予定していましたが、昨晩の夕飯におでんを食べた長女(3歳)が、夜中に体中かゆがって3度も起きてしまったので、定期受診も兼ねてということで、今朝かかりつけ医を受診してきました。
長男(1歳)もしつこく全身に乾燥や湿疹が出てくるので、この子も同じく定期受診と併せて皮膚状態を診てもらいました。

長女の痒みについては、心配することはないだろうとのこと。
私としては、おでんの練り物に入っていた卵白が原因かと考えていたのですが、そこまで追及することはないだろう、と先生はおっしゃいました。
あんまり神経質になっても、不必要な除去をしてはしょうがないというのは分かります。
アレルゲンテストでは、娘の卵のアレルギーのレベルはさほど高くないのですが、口にして半日ほど経つと、地味な発疹が手足に出るので、完全除去とまではいかなくても、なるべくコントロールしてやりたいというのが親心です・・・
息子については、発疹よりも乾燥がひどくなっているので、しっかり保湿コントロールをしてやらなければならないよと言われました。

そして、二人の喘息について。

長女については、お正月中に義実家の皆さんが来訪した際、普段より分泌物が増えているような、妙な胸の音がしたような気がしたのですが、咳にはいたらず一晩ぐっすり眠ったらおさまりました。
シングレアのジェネリック、ニプロのモンテルカスト細粒のみでコントロールしていますが、うまくいっている印象です。

そして嬉しいのは、コントロールの難しかった長男が、ここ二か月発作も出ず安定して過ごせていることです。
2か月前は、カンピロバクター胃腸炎で入院中に喘息発作が併発し、途中から喘息メインの入院加療という状態になっていって、あーあ・・・って感じだったんです。
その後、入院施設からかかりつけ医に戻ったときに、それまでシングレア、パルミコート吸入でコントロールしていたのに加えて、朝晩の内服薬アイピーディーを加えてもらいました。
アイピーディーは、シングレアとはまた違った経路でアレルギーを抑えてくれるお薬なのですが、これが息子に合っていたようで、飲み始めてから発作が出ていません。
一度、軽い鼻水が出ましたが、それだけで済みました。
今までは、とにかく風邪をひいたものなら咳から喘鳴になって行くところまで行きついていたのが、うそのようです。
本当に良かった・・・!

このまま真冬の寒さ、感染症流行の季節を切り抜けていけますように。

ブロトピ:今日の育児日記
ブロトピ:今日の健康・医療情報
【関連する記事】
posted by 百合絵 at 18:56| Comment(0) | ブログについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
リンク集